福山のオーダー枕専門店マクラディアです。何が当たるかわからない!早すぎた惜しい商品。

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 福山のオーダー枕専門店マクラディアです。何が当たるかわからない!早すぎた惜しい商品。

福山のオーダー枕専門店マクラディアです。

コロナもここに来てやっと落ち着きを見せ、緊急事態宣言も解除され徐々に日常を取り戻し始めました。

コロナ渦で在宅を余儀なくされ、世間では思わぬものが売れているというものがよくあり、その中で運動不足解消のため、「こんなものが!」という商品がありました。

それは、「トランポリンクッション」。

自宅用の小さいトランポリンがあることは知っていましたが、アパートやマンション、集合住宅などで使用した場合、飛び跳ねる時の振動や音が、ご近所迷惑になるということで、振動や音の出ない反発力のあるウレタン素材などで出来たクッションが良く売れているそうです。

使わない時は普通に座れるクッション、運動したいときには、そのクッションの上で飛び跳ねるというもの。ほんとのトランポリンほど跳ねませんが、そこそこ跳ね上がります。調べてみると、いろんな種類が販売されており、大変驚きました。

 

トランポリンクッション

どの程度のものか、実際に購入し試してみました。

「この程度しか跳ねないのか…」と少しがっかりしましたが、女性や子供には、「この程度で充分」とのこと。

こんな感じだったら、「うちではもっといいものを開発していたのに!」と、かつて企画して取引先で商品化してもらったものを引っ張り出してきました。

「パタパタクッション」と名づけて8年近く前に一時商品化しました。

 

①畳んだ状態 ②一つ広げた状態

③二つ広げた状態 ③三つ広げた状態

④全部広げた状態

広げた状態は80x80cmにもなり、ゆったり座れるクッションになります。どの状態で広げても使い方がそれぞれできて、全部広げた状態で飛んでも先ほど購入したクッションよりよく飛びます。

一緒に商品化した取引先に話したところ、「残念だが、これを加工してくれた中国のメーカーはすでに無くなっていて、もう作れないんだよ。」とのこと。

もし今、この商品を販売できていたらと思うと、残念な思いがしました。

何が当たるか、時代って解らないものだなとつくづく実感した次第です。